まずは皮膚科に行って相談

まずは皮膚科に行って相談

アロマオイルに関するカルチャー教室に通っていました。
参加者の中に「私は敏感肌なので肌に合う化粧品がありません。アロマオイルを使って刺激の少ない化粧品を作りたいと思って参加しました」と言う20代の女性がいました。娘のためのセラミド 化粧品

 

講師はエステサロンを経営していたこともあるベテランの先生です。
その女性に近づき顔の肌の様子を確認し「あなたは肌をいじり過ぎていますね。いろいろな化粧品を試しているのではないですか? 皮膚科には通われていますか?」と彼女に質問しました。
「インターネットなので情報を入手して、市販の化粧品や手作りの化粧品を使っています。皮膚科には前は通っていましたが、肌の症状が良くならないので今は通っていません」とのことです。

 

その答えに講師からのアドバイスは下記のようなものでした。
敏感肌の人は、皮膚科のお医者さんと相談して化粧品を使ってください。
皮膚の症状はすぐには改善されないので、皮膚科には長く通うことになると思います。
手作りの化粧品ならば安心ということもありません。
防腐剤が入っていないため品質の管理が難しく、特に敏感肌の人は気を付けたほうがいいです。
今話題のセラミド 化粧品はココです!

 

この講師の話は今も忘れることができず、敏感肌の方がお化粧品で困っている時は「まずは皮膚科へ」とすすめています。